So-net無料ブログ作成

握り詰3 [詰将棋]

 もう切り上げるつもりでしたが、昨日の図を見直しているうちに下記のように変更した方がマシかな?と思うようになりました。

 nigiri2.gif

 同じく35手で基本構造は同じなのですが、

・自陣と金が1枚減る。
・手順前後がなくなる。
・サイクルがほんのちょっとだけ増える。
・14桂の配置に桂である必然性が出る。(14歩では余詰)

ということで、こちらの方がまさるように思いました。

 部分的には、「32と、21歩」の配置を「攻方43と、22歩、21と」に変えた方が収束がスッキリするのですが、持ち歩を削ることになるので、変化を支えるために、上辺に不動の歩を1枚置く必要が生じてきます。
 したがって、総合的にはこの図がベストかと・・・・。

 思いもかけず、takubonさんから誉められちゃって、少し気持ちが揺らいでいますが、やっぱり、こんな一本道作品の投稿は遠慮しておくのが無難でしょうね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

握り詰2握り詰:結末 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。